waka

我が道を まもらば君を まもるらむ 藤原定家

投稿日:


皆様こんにちは
蓬田でございます!

今日も「愛国の和歌」を、皆様とご一緒に鑑賞してまいりたいと思います!

今日の和歌はこちらです。

我が道を まもらば君を まもるらむ
よはひはゆづれ すみよしの松

藤原定家

「新古今和歌集」に採られている歌です。

千五百番歌合(せんごひゃくばんうたあわせ)で詠まれました。

「歌合(うたあわせ)」とは、歌人を左右二組に分けて、それぞれが詠んだ歌を比べて優劣を付けて楽しむ遊びです。

天皇や公卿などが主催しました。

遊びではありますが、和歌をうまく詠えるかどうかは出世に関わることでしたから、気軽な遊びではありません。

千五百番歌合は、鎌倉時代に後鳥羽院が主催した歌合です。

和歌史上、最大規模の歌合でした。

今回の歌の意味ですが、

住吉の神が私の歌の道を守ってくださるならわが君をも守ってくださるでしょう
それなら我が君に齢を譲ってくだされ、住吉の松よ

「わが道」とは、和歌の道のことです。

住吉の神は、和歌の守り神

わが君後鳥羽院は和歌がお好きですから、きっと院をもお守りくださるでしょう。

住吉の松よ、寿命が長い松ならば、齢を我が君に譲って、君を千歳とならせたまえ。

後鳥羽院主催の歌合にぴったりの内容の歌ですね!

作者の藤原定家について触れておきましょう。

定家は、平安時代末から鎌倉時代始めという激動の時代に生きた公家です。

出世欲が旺盛で、70歳を過ぎてもその意欲を失わなかったといいます。

和歌の世界ではスーパースター的存在。

「新古今和歌集」「新勅撰和歌集」というふたつの勅撰和歌集に載せる歌を選びました。

また「小倉百人一首」の和歌を選んだのも藤原定家です。

若い頃から病弱で、特に呼吸器系の症状に悩まされていました。

症状が出たときは、写経や書物の書写をして症状を克服していたといいます。

さまざまな書物を書写したおかげで、「源氏物語」や「土佐日記」などの平安文学が後世に残りました。

仁治二年(1241年)に亡くなりました。享年八十。

今日の和歌が、皆様の心に感じるところがありましたら幸いです!




0

-waka

Copyright© 令葉集 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.