waka

八千矛(やちほこ)の 一(ひと)すぢごとに 藤田東湖

投稿日:


皆様こんにちは
蓬田でございます!

今日も「愛国の歌」を1首ご紹介したいと思います。

今日は「愛国の歌」6回目になります。

八千矛(やちほこ)の 一(ひと)すぢごとに 
ここだくの 夷(えみし)の首(かうべ) つらぬきてまし

藤田東湖

東湖は碩学であり、勤王の志に厚い人物です。

惜しくも、安政二年の江戸大地震で亡くなりました。

歌の中の言葉で、分かりにくいところを見てみましょう。

「ここだけ」は、たくさんの意。

最後の「つらぬきてまし」は、貫きたい!という意味です。

文政七年、イギリス艦が常陸大津浜を騒がせました。

青年東湖は死を決して、英国人を斬ろうとしたことさえあります。

この歌は一見すると、大変に荒々しい感じです。

夷(えみし)の首(かうべ)を貫きたいと詠じたのは見栄でなくて、本心であったのです!




0

-waka

Copyright© 令葉集 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.