waka

【愛国の和歌】大君(おほきみ)は いかにいますと 仰(あふ)ぎみれば

更新日:


皆様こんにちは 蓬田でございます。

今回は、愛国の歌5回目です。

きょうは、公卿、三條實美の歌をご紹介します。

皆様の気持ちに感じるところがあれば幸いです。

大君(おほきみ)は いかにいますと
仰(あふ)ぎみれば 高天(たかま)の野(はら)ぞ 霞(かすみ)こめたる

三條實美(さんでうさねとみ)

この歌は、實美が勅勘同様の身の上で長州へ赴いたときの作です。

大君はいかにいますと、仰ぎ奉れば、天はうらうらと春霞がたなびいている。

その様子を見ると、皇室の将来は必ずやご安泰、天の助けは無限である。

荘厳と同時に、忠臣の至誠が天地の間に満ちているのを感じます。

いかがでしたでしょうか。

私たちの国日本が、本来の姿を取り戻すことを祈念してやみません。




0

-waka

Copyright© 令葉集 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.