waka

【愛国の和歌】かくばかり 乱れ行く世をよそに見て 三條実美(さんでうさねとみ)

投稿日:


皆様こんにちは
蓬田でございます!

今日も「愛国の和歌」を、皆様とご一緒に鑑賞してまいりましょう!

今日の和歌はこちらです。

かくばかり 乱れ行く世をよそに見て
すぐすは臣(おみ)の道ならめやも

三條実美

三條実美、は幕末から明治にかけての公卿、政治家です。

幕末には、尊王攘夷倒幕派の中心的人物のひとりでした。

明治維新後は元勲のひとりとして、太政大臣、内大臣、貴族院議員などを歴任。総理大臣も兼任した時期があるなど、政治の中枢にありました。

父実萬も勤王の志が厚い人でした。

しかし、道半ばにして亡くなってしまいます。

実美はその志を継ぐようにして、尊皇派公家の代表として、活発な活動を行いました。

文久二年(1862年)、勅を奉じて江戸に赴き、攘夷の勅書を将軍家茂に授けます。

翌三年(1863年)三月、将軍上洛して攘夷の朝議が決します。

しかし八月、朝議一変し、実美ら七公卿は長州に降ることになりました。

大政奉還後、赦免され京都に戻り、維新後は政府中枢で活躍しました。

実美の位階は正一位、爵位は公爵と、どちらも最高位です。

今回の和歌ですが、意味は明快です。

保身や利己的、そのような態度は臣下がとる道ではありません!

句末の「めやも」は、以下のような強い反語を表します。

臣下の道であろうか、いや決してそんなことはない!

今日の和歌が、皆様の心に感じるところがありましたら幸いです!




0

-waka

Copyright© 令葉集 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.