waka

しきしまの 大和心(やまとごころ) 人問(ひとと)はば 村田清風

更新日:


こんにちは
蓬田でございます!

きょうも、愛国の歌をご紹介したいと思います。

きょうは7回目です。

しきしまの 大和心(やまとごころ) 人問(ひとと)はば
蒙古(もぐり)のつかひ 斬(き)りし時宗(ときむね)

村田清風(むらたせいふう)

清風は、幕末長州の人です。

長州藩家老。毛利斉房(なりふさ)から敬親(たかちか)まで5代の藩主のもと、要職を歴任。

藩の財政改革などに功績を挙げました。

安政2年、病没。明治24年に、正四位を贈られています。

歌ですけれど、上句は、本居宣長の名歌をそのまま引用しております。

その名歌とは、

しき嶋(しま)の やまとごころを 人とはば
朝日ににほふ 山ざくら花

下の句は、清風、単刀直入の表現です。

北条時宗は勝手な言い分を要求するモンゴルの使者を処刑。

日本国の威厳を示し、モンゴルに対する姿勢を明確にします。

こうした時宗こそが、大和魂の代表者とストレートに言ってのけています。

現代のわたくしたちも学ぶところはあるのではないでしょうか。

政治家、政府役人、財界人の方々にも、学んで欲しいものです。

皆様の心に感じるところがあれば幸いです




0

-waka

Copyright© 令葉集 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.