waka

【愛国の歌】吾(わ)が胸の 燃ゆるおもひに くらぶれば 平野國臣

更新日:


皆様こんにちは
蓬田でございます!

きょうも「愛国の歌」を皆様と一緒に鑑賞したいと思います。

きょうは「愛国の歌」8回目です。

吾(わ)が胸の 燃ゆるおもひに くらぶれば
煙(けぶり)はうすし 櫻島山(さくらじまやま)

平野國臣(ひらのくにおみ)

國臣は福岡藩士。

この歌は文久元年、國臣が鹿児島に赴き、自らの著書「尊攘英断録」などを、島津久光に奉ろうとしたときの述懐です。

鹿児島にたどり着いた國臣は、大目付によって、旅館に監禁同様の目にあわされました。

愛国の秘策を胸中に秘めながら、自由を奪われた身の上。

硫煙立ち上る桜島を眺めて、この歌を詠みました。

「燃ゆるおもひ」、いいですね。

わたくしもこうした気構えで、日々過ごしてまいりたいです。

皆様にとりまして、この和歌が感じるところありましたら幸いです




0

-waka

Copyright© 令葉集 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.