waka

末(すゑ)の世(よ)の 末(すゑ)の末(すゑ)まで

更新日:


皆様こんにちは
蓬田でございます!

今日も「愛国の歌」を皆様とご一緒に鑑賞してまいりましょう!

今日は「愛国の歌」15回目です。

末(すゑ)の世(よ)の 末(すゑ)の末(すゑ)まで 
我(わ)が國(くに)は よろずの國(くに)に すぐれたる國(くに)

宏覚禅師(くわうかくぜんじ)

宏覚は、京都西賀茂の正傳寺の住職。鎌倉時代人です。

文永年間、モンゴル(元)の使者が来朝。

言うことを聞かなければ、軍を派遣し征服する」旨を伝えてきました。

わが国は朝議を開き、返書を遣わすことになりました。

その草案を書いたのが菅原長成(ふじはらのながなり)です。

その噂が流れますと、国賊として激昂する人がいました。

中でも、宏覚禅師は悲憤慷慨。

事実、北条時宗はモンゴルの言い分は無礼千万、返書は不要として、使者を追い返しました。

宏覚禅師は、蒙古降伏の祈祷を行います。

「重ねて乞ふ、神道、雲と成り風と成り、雷と成り、國敵をすい破し、天下泰平、諸人快楽(けらく)ならしめん」

こう書いた願文の最後に寄せたのがこの一首です。

願文の通り、神風により敵が砕け散ったのは、宏覚の至誠が天に通じたといって差し支えないでしょう。

この一首が、皆様の心に感じるところがありましたら幸いです。




0

-waka

Copyright© 令葉集 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.