waka

【愛国の歌】ますらをの 涙(なみだ)を袖(そで)に しぼりつつ 江藤新平

更新日:


皆様こんにちは
蓬田でございます!

きょうも愛国の歌を皆様と鑑賞してまいりたいと思います。

きょうは、愛国の歌10回目です。

ますらをの 涙(なみだ)を袖(そで)に しぼりつつ 
迷(まよ)ふ心(こころ)は ただ君(きみ)のため

江藤新平(えとうしんぺい)

新平は佐賀の人。維新十傑のひとりに挙げられています。

戊辰戦争では、東征大総督府軍艦に任命されます。

江戸開城が決定すると、城内の文書類を接収しています。

いち早く文書を接収するところに、戦いと統治の能力が窺われます。

その後、岩倉具視に対して、江戸を東京と改称することを献言。

彰義隊と戦った上野戦争では、軍監として指揮し、彰義隊を瓦解させます。

維新後は、初代司法卿など要職を歴任。

明治6年、征韓論問題に端を発した政変で、西郷隆盛、板垣退助、後藤象二郎、副島種臣とともに下野。

佐賀に戻り、乱を起こします。

しかし乱は敗れ、捉えられて処刑。

上記の歌は辞世です。

涙(なみだ)を袖(そで)に しぼるとは、なんて女々しいと思われるかもしれません。

大丈夫といえども悲憤慷慨、あるいは悲しみの極みにあるときは、涙を振るうのです。

その後、明治22年に賊名を解かれ、大正5年、正四位を贈られます。

この一首に、皆様の心に感じるところがあれば幸いです




0

-waka

Copyright© 令葉集 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.