waka

初春(はつはる)の 初日(はつひ)かがよふ 神國(かみくに)の 荒木田久老(あらきだひさおゆ)

投稿日:


皆様こんにちは
蓬田でございます!

今日も「愛国の歌」を、皆様とご一緒に鑑賞してまいりましょう!

今日の「愛国の歌」はこちらです。

初春(はつはる)の 初日(はつひ)かがよふ 神國(かみくに)の 
神(かみ)のみかげをあふげ諸(もろもろ)

荒木田久老(あらきだひさおゆ)

久老は、伊勢外宮の祠官(しかん)。

賀茂真淵の門に遊び、国学や和歌などを学びました。

特に、万葉集を研究しました。

文化元年(1804年)に亡くなりました。享年五十九。

歌の意味は

元旦の初日は赤々と光輝き、神がしろしめす国、日本
天照大神(あまてらすおおみかみ)の威光を、等しく仰ぎ奉れ この国の四方の人々よ

言葉の意味を、みておきましょう。

「初春の初日」は、元旦の初日。

「かがよふ」は、赤々と光輝くこと。

「神国」は、神様がお治めになる日本のこと。

「諸」は、諸々の国人。

新春のめでたさ、華やかとともに、厳かさも感じます。

背筋が伸びる歌です。

元旦に詠じたい歌ですね!

きょうの一首が、皆様の心に感じるところがありましたら幸いです!




0

-waka

Copyright© 令葉集 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.