カリフォルニア州 外国人土地所有禁止法を制定  州知事はハイラム・ジョンソン Hiram Johnson

Pocket

1913年、カリフォルニア州は事実上の排日土地法(外国人土地所有禁止法)を制定。

日本人移民の土地所有禁止、借地制限を実施した。

市民権獲得資格のない外国人(主に日系人らアジア系移民)の土地所有および3年以上の賃借を禁止した法律。

法律の条文は日系人を特定する言葉はないが、日系移民の数が増加し経済進出が著しかった背景、および当時アジア系移民に市民権獲得資格がなかったことから、日系人を閉め出す目的が明白であったため「排日土地法」とも呼ばれる。

このときの州知事はハイラム・ジョンソン(下の写真)。


写真出典:ウィキペディア