尼港事件(にこうじけん)

Pocket

1920年、ニコラエフスク在住の日本人居留民と軍人約740人が、共産パルチザンに惨殺。

連合軍がニコラエフスクから撤兵すると、ロシア人、朝鮮人、中国人からなる4000人の共産パルチザンが同市を支配。

革命裁判と処刑を強行した。

殺された住人は総人口のおよそ半分、6000人を超えるとも言われる。

日本人虐殺事件はその後、中国大陸における済南事件、通州事件がある。