waka

【愛国の歌】ながめばや 神路の山に 雲消えて 後鳥羽院御製

更新日:


【愛国の歌】ながめばや 神路の山に 雲消えて 後鳥羽院御製

皆様こんにちは
蓬田でございます!

今日も愛国の歌を、皆様とご一緒に鑑賞してまいりましょう!

今日の歌はこちらです。

ながめばや 神路の山に 雲消えて 
ゆふべの空を 出でむ月影

後鳥羽院御製

承元二年(1208年)、後鳥羽院上皇二十九歳の時の御製です。

意味は

眺めたいものだ この山に懸かる雲が消え
秋のゆうべの空を照らす月影を

神路山は、伊勢神宮の背後に控える神聖なる山です。

上皇は、伊勢神宮にお出ましになって詠まれたのではなく、献詠あそばされました。

ご存知の通り、承久三年(1221年)、後鳥羽上皇は時の鎌倉幕府執権の北条義時を討伐し、朝廷復権を果たそうとなさいましたが敗れました(承久の乱)。

この歌は、承久の乱までには10年以上ありますが、「雲消えて」の「雲」は、院の御心にを曇らせる御懸念を象徴していたのかもしれません。

「神路の山」も、伊勢神宮の背後に控える実際の山ではなく、皇室の御権威と拝察します。

今日の歌が、皆様の心に感じるところがありましたら幸いです!




0

-waka

Copyright© 令葉集 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.