spiritual waka

ふるばかり 亜米利加船(アメリカふね)の 寄(よ)せば寄(よ)せ

投稿日:


皆様こんにちは

蓬田でございます。

今日も愛国の歌をご紹介したいと思います。

皆様の気持ちに触れるところがあれば幸いです。

ふるばかり 亜米利加船(アメリカふね)の 寄(よ)せば寄(よ)せ 
三笠(みかさ)の山(やま)の 神(かみ)いますなり

岩倉具視(ともみ)

岩倉公は、公卿の生まれですが、幕末、志士らとともに維新を成し遂げ、その後、明治の元勲となりました。

歌の冒頭「ふるばかり」は、雨が激しく降る様子。

アメリカの艦船が、雨が激しく降るように寄せくるならば来てみよ。何を恐れることがあるものか!

歌の前半の意味はこうなりますね。

そして、後半です。

なぜなら、わが国には雨を防ぐ「笠」の名を持つ三笠山の神がおるのだから!

アメリカ艦隊を「雨」と表現し、それを防ぐのが三笠山の「笠」。

言葉遊びする余裕がカッコいいです。

遊べる余裕があるのも、神様がいてくれるから。

自分の国を誇る気持ちが偲ばれる歌です。

神々がいてくださるから、何も恐れることはない!

これは精神論とは違うと思います。

国を愛する気持ちから湧き起こる、自然の感情だと思います。

この気構えは、物事を成し遂げるにあたって大変に大事だと考えます。

皆様はいかがお考えになりましたでしょうか。

私たちの国が、本来の姿を取り戻すことを願ってやみません。




0

-spiritual, waka

Copyright© 令葉集 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.