china

中共政治局常務委員 趙楽際(ちょうらくさい) コロナウィルス感染?!

投稿日:


皆様こんにちは
蓬田でございます!

今日も中国についての話題を、皆さんと共有してまいりたいと思います!

中国共産党の最高意思決定機関は、党中央政治局常務委員会です。

その常務委員会のメンバーのひとり趙楽際(ちょうらくさい)が、コロナウィルスに感染しているのではという情報が流れました。

本当にコロナウィルスに感染したかどうか、確認する術(すべ)はありません。

しかし、こうした噂が流れたことに、注意を払う必要があると考えております。

中央政治局常務委員会とは

中国では、中国共産党が国家を指導することになっています。

ここが現代中国を理解するポイントのひとつですね!

日本では憲法が最高法規で、政党も憲法の規定に従わなければいけません。

一方、中国では憲法の上に共産党があるわけです。

その共産党の最高意思決定機関が、中央政治局常務委員会です。

7人のメンバーで構成されています。

憲法より上の共産党の最高意思決定機関ですから、中国の最高指導部です。

政治局常務委員会は毎週1回開催。

中国の政策は、毎週開催される常務委員会で、メンバーの7名が決定しています。

趙楽際とはどんな人?

趙楽際は1957年(昭和32年)生まれ。

青海省という中国西部の辺境の土地で生まれました。

北京大学哲学系を卒業。

青海省省長、青海省党委員会書記など、青海省に関わる仕事を30年近くしました。

中国西部ののある陝西省党書記にも就任。

在任時の2007年、現在の共産党総書記である習近平の父親で、八大元老(1980年代から90年代にかけて、中央政治局常務委員会を凌ぐ権力を持った長老集団)のひとりだった習仲勲の墓を巨大な陵墓に改造、記念館も建設しました。

陵墓と記念館は7000平方メートルの広さを持ち、駐車場などを入れると2万平方メートルを超える、古代皇帝陵墓にも匹敵する大きさだということです。

また、趙楽際は、党員の腐敗などを監督する機関、中国共産党中央規律委員会のトップ(書記)でもあります。

今日の記事が、皆様の中国認識にとって、もしご参考になるところがありましたら幸いです




0

-china

Copyright© 令葉集 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.