waka

【愛国の歌】さくら花 ちりかひくもれ 在原業平

更新日:


皆様こんにちは
蓬田でございます!

今日も愛国の歌を、ご一緒に鑑賞してまいりましょう!

今日の歌はこちらです。

さくら花 ちりかひくもれ 
老らくの こむといふなる 道まがふがに

在原業平

四十歳になった藤原基経の長命を祝う宴で、業平が披露した歌です。

古今集」に収められています。

四十歳とか七十歳とか、節目の年齢を祝う和歌は、日本伝統のバースデーソングですね!

ちなみに当時四十歳というのは、老人という認識でした。

歌の意味は

桜の花よ、あたり一面に散り乱れてどこも見えないようにくもらせておくれ
老いがやってくるという道が分からなくなるように

歌の技巧としては、「老いが道に迷う」というように、「老い」を擬人化しています。

業平は、長生きを祝う宴席で、こう詠み上げたのですが、冒頭の「さくら花」は良いにしても、次の「ちりかひくもれ(一面に散り乱れて、どこも見えないようにくもらせておくれ)」というのは、お祝いの席にはふさわしくありません

宴に集っていた人たちは、これを聞いて戸惑ったことでしょう。

さらに「老らく」という、これまた長命を祝う宴席にふさわしくない言葉が続いたのです

宴にいる人も、ホスト役の藤原基経自身も、いったいどうなるものかと気をもんだことでしょう。

しかし最後で、一気に逆転

基経の長生きを祝う歌となりました。

さすが歌の名手業平の面目躍如というところです!

もっとも、長命の宴にふさわしくない言葉が出ても、集まった人たちは「きっと業平のことだから、最後にはうまくまとめるに違いない!?」と、興味津々で聞いたいたのかもしれませんね。

わたくし的には、桜を詠った歌として、抜群の存在感の歌です!

今日の歌が、皆様の心に感じるところがありましたら幸いです!




0

-waka

Copyright© 令葉集 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.