history korea waka

韓国(からくに)の城(き)の上(へ)に立ちて大葉子(おほはこ)は

投稿日:


皆様、こんにちは 

蓬田でございます!

きょうから、国を愛する「愛国」の歌をご紹介していこうと思います。

日本にはこれまでたくさんの「愛国」の歌が詠まれてきました。

少しずつご紹介できたらと思います。

皆様にとって、感じるところがありましたら幸いです!

1回目は、大葉子(おほはこ)という女性の歌です。

-----

韓国(からくに)の城(き)の上(へ)に立ちて大葉子(おほはこ)は
領巾(ひれ)振(ふ)らすも日本(やまと)へ向(む)きて

大葉子(おほはこ)

-----

では、簡単に解説します。

欽明天皇二十三年、新羅は任那(みなま)に攻め入りました。

我が国は任那救援に軍を派遣しましたが、武将、調吉士伊企儺(つき の きしいきな)は捕らえられます。(吉士が姓)

捕虜となった伊企儺は褌(はかま)を脱がされ、尻を日本に向けて、「日本(やまと)の将(いくさのきみ)、我が臀肉(しり)を食らえ」と言うように強要されました。

しかし、伊企儺はこれに従わず、逆に「新羅王、我が臀肉(しり)を食らえ!」と叫び殺されました。

まことに毅然とした態度、こうありたいものです!

下にある絵は、大蘇芳年(月岡芳年)の《伊企儺》です。

伊企儺の妻、大葉子も捕らえられましたが、伊企儺同様、毅然として屈することなく、上の歌を高く歌い上げたといいます。

「領巾(ひれ)振(ふ)らすも」は、「領巾振るも」と同じ意味です。

この逸話は、「日本書紀」巻十九に出ています。

ちなみに、豊臣秀吉は、小牧・長久手の戦いで、自分の尻を叩きながら「敵の大将、これを食らえ」と叫んでいます。

同じなのが、面白いですね!

 ☆    ☆

如何でしたしょうか?

わたくしたちの日本が、幸せを取り戻すことを願ってやみません。




0

-history, korea, waka

Copyright© 令葉集 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.