Mobile Suit Gundam UC お台場に聳え立つユニコーンガンダム

Pocket

“Mobile Suit Gundam UC” is a new chapter of the story set in the “space century” continued from “Mobile Suit Gundam” produced by Sunrise since 2010. “Mobile Suit Gundam” was originally a novel written by novelist Harutoshi Fukui.
Set three years after “Mobile Suit Gundam Char’s Counterattack”, the main character, Banagher Links meets a pure white mobile suit, “Unicorn Gundam”, and survives the war between the Earth Federal and ex-members’ troop, “Sleeved”. The profound story and attractive characters, as well as Hajime Katoki’s mechanical designs have been widely accepted by Gundam fans, and has become a huge hit selling more than 3 million copies of novels, 1.9 million copies of Blu-ray & DVD in total, and over 1 million paid distributions.
(Source : https://www.unicorn-gundam-statue.jp/)

「ダイバーシティ東京」に聳え立つ「ユニコーンガンダム」。

ユニコーンガンダムとは? ウィキペディアによると以下のとおり。


ユニコーンガンダム(Unicorn Gundam)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ(MS)」の一つ。初出は2007年に発表された小説『機動戦士ガンダムUC』。機体デザインはカトキハジメが担当。

ユニコーンガンダムの公式サイトには、こう説明がある。


『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の3年後を舞台に、主人公バナージ・リンクスが純白のモビルスーツ、「ユニコーンガンダム」と出会い、地球連邦軍とネオ・ジオン残党軍『袖付き』との戦乱の中を生き抜く姿を描きます。

作品は大ヒットし、小説累計300万部、Blu-ray&DVD累計190万枚、総有料配信数100万回を超えた。

2018年4月21日(土)~5月6日(日)には、初のプロジェクションマッピング「TOKYOガンダムプロジェクト2018 ガンダムプロジェクションマッピング“UC NexT 0100”」を開催。

その後、昼と夜、異なる演出プログラムを実施している。