文学

クロスワード・パズル 三島由紀夫

投稿日:


令和五年(2023)9月6日筆

短編集真夏の死所収

敗戦後間もなくのころ、若者は熱海のホテルでボーイとして働いている。

ホテルは占領軍の接収が終わったばかりである。

若者はハンサムで美男子だ。

ある日、ホテルに魅力的な女性が男とともに宿泊に来る。女性は愛人である。

若者はホテルボーイとしての矜持を守りながらも、この女性と逢瀬する気持ちを高めていく。

女性は若者からの静かなアプローチに対して、その気がありそうな返答を若者に与える。

若者は女性との逢瀬が叶うものと胸を熱くするが、結局は叶わない。

若者は、食堂で働く器量のよくない女と結婚し、もうすぐ子供が生まれる。

こういう話である。

どうして器量の悪い女と結婚したかは、三島は書かない。

そこがタイトルのクロスワードパズル=謎解き、ということだろうか。

クロスワードパズルは、縦横のマスを埋めて完成される。

縦は魅力的な愛人女、横は食堂で働く器量の悪い女。

若者にとって、器量の悪い女との結婚は、クロスワードパズルがぴたっと埋まったような心持ちだということか。

昭和二十七年1月「文藝春秋」に掲載。

 




-文学

Copyright© R&BオヤジYOMOの談話室 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.