waka

【愛国の歌】岩躑躅(いはつつじ) 折りもてぞ見る 和泉式部

更新日:


皆様こんにちは
蓬田でございます!

今日も愛国の歌を、皆様とご一緒に鑑賞してまいりましょう!

今日の歌はこちらです。

岩躑躅(いはつつじ) 折りもてぞ見る 
せこが着(き)し くれなゐ染(そ)めの 色に似たれば

和泉式部

「後拾遺集」に載っている歌です。

意味は

岩ツツジの花を手折って懐かしい思いでずっと眺めているのです
夫が着ていた紅ぞめの服の色に似ていますので

女性らしい、いじらしい、男性のわたくしからすると、とてもかわいらしい感じの歌です。

岩ツツジは岩に張り付くように咲いている野生のツツジです。

今、道路や公園などでよく見るツツジは、江戸時代に作られたもので、岩ツツジとは別種です。

岩ツツジは、今のツツジよりひと回り小さい花を咲かせます。

和泉式部が歌を詠んだ当時、岩ツツジの花は恋心と結びついていたようです。

和泉式部はもちろん、そのことを踏まえて詠んだのでしょう。

今日の歌が、皆様の心に感じることがところがありましたら幸いです!




0

-waka

Copyright© 令葉集 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.