military / national defense

柏飛行場 帝国陸軍東部第105部隊

更新日:


柏飛行場は、昭和13年に完成。コンクリート舗装の1500m滑走路を1本有する。別名は、帝国陸軍東部第105部隊。

営門の門柱は、当時の位置のまま現存している。

東武・野田線、豊四季駅東口からまっすぐに伸びる道を、徒歩で30分以上(私は徒歩で行った)行くと、突き当たりにある。

突き当たりと言っても、完全なT字路ではなく、営門を入っていく細い道ができている。入っていくとすぐに、現在は航空自衛隊柏送信所がある。

柏送信所の門を右手に曲がり、15分ほど歩くと、大きな通りに出る。この通りが、かつての1500m滑走路だ。滑走路周辺(大通り周辺)は現在、住宅街と学校や病院などとなっている。

現存する帝国陸軍東部第105部隊の営門。

そのすぐ奥にある柏送信所。

柏飛行場の全体図。説明板が、営門脇に柏教育委員会により作られ立てられている。

滑走路の現在。直線が続く大通りで、滑走路であったことが偲ばれる。(下2枚)

飛行場跡地に作られた千葉県立柏の葉公園。大通りに面している。

飛行場跡地は学校などが建っている。

(令和元年9月15日取材)




0

-military / national defense

Copyright© 令葉集 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.