明治天皇駐蹕之処の碑 習志野地名発祥の地

Pocket

明治天皇駐蹕之処の碑
「駐蹕(ちゅうひつ)」とは、天子が行幸の途中で一時乗り物を停めること。一時、その土地に駐留すること。

千葉県の「習志野地名発祥の地」を示す史跡。

明治6年(1873年)4月29日から5月1日、明治天皇が近衛兵を率いて野営し演習を天覧した。

皇居に還幸した後、5月13日にこの地を「習志野原」と命名。

その故事を記念するため、大正6年(1917年)、陸軍省を中心とする有志によって碑が建立された。

石碑にある文字は、陸軍大将山縣有朋の筆。

石碑は当初、明治天皇が天幕を張ったとされる場所(船橋市習志野台四丁目59番)に建っていたが、現在は船橋市郷土資料館の近くの薬円台公園内にある。