「デザインあ展 in TOKYO」 Special Exhibition “Design Ah! Exhibition in TOKYO”

Pocket


Based on the concept of “the Design Ah!”, a NHK educational TV program that shares “design mind,” this special exhibition allows visitors to experience the perspective and manner of thinking in design and how that process relates to science and technology. A wide range of experience-based exhibitions engage all your five senses. With the featured video clips and music, visitors find themselves personally experiencing the joy and fascination of design.
(Source: Special Exhibition “Design Ah! Exhibition in TOKYO” Websight)

東京・お台場の日本科学未来館 1階 企画展示ゾーンで、企画展「デザインあ展 in TOKYO」が開催。

主催は、日本科学未来館、NHK、NHKエデュケーショナル、NHKプロモーション。

会期は、2018年7月19日から10月18日まで。

この展覧会の特色は、NHKEテレの番組「デザインあ」のコンセプトが、実際に体感できるということ。

番組は、私たちの身の回りに当たり前に存在しているモノを、「デザイン」の視点から徹底的に見つめ直し、斬新な映像手法と音楽で表現。

子供に「デザインの面白さ」を伝え、「デザイン的な視点と感性」を育む一歩となることを目指している。

展覧会「でざいんあ」展は、2013年にも東京・六本木の21_21 Design Sight において開催されており、そのときは22万人を動員した記録を持つ。


「デザイン」という言葉は、形や色をうまく整え、ものを作ることだと捉えられがちですが、本質的には、対象を観察、分析、考察したあと、組み合わせ、解決を導きだす方法論を意味しています。「デザイン」と「デザイン的思考」は、複雑な社会の共通理解を単純にし、さらに新しいシステムを構築し、そして直面する課題解決のために多様な人々が共創する重要な道具になると注目されています。展示場のたくさんの「あ!」という発見を通して、子どもも大人も一緒に、デザインを楽しく学び、思考を身に付け、自分たちの未来そのものをデザインし実践するきっかけになるでしょう。
(出典:企画展「デザインあ展 in TOKYO」サイト)

会場は「A 観察のへや」「B 体感のへや」「C 概念のへや」の3ゾーンで構成。

「A 観察のへや」では、私たちの身の回りにある様々なことの中から「お弁当」「容器」「マーク」「なまえ」「からだ」という5つのテーマを取り上げ、それぞれのテーマが、デザインによってどのように私たちとつながっているのかを考える。

「B 体感のへや」では、音楽とシンクロする映像が展示室の四方の壁面いっぱいに映し出される。

「C 概念のへや」は、「場」「時の流れ」「人の動き」について、私たちはデザインを通してどのように感じているのかを、作品を通して考えていく。