waka

【愛国の歌】天(あめ)の下(した) すでに覆ひて 降る雪の 紀清人(きのきよひと)

投稿日:


皆様こんにちは
蓬田でございます!

今日も、愛国の歌を皆様とご一緒に鑑賞してまいりましょう!

今日の歌はこちらです

天(あめ)の下(した) すでに覆ひて 降る雪の 
光を見れば たふとくもあるか

紀清人(きのきよひと)

万葉集に収められている歌です。

作者の紀清人(きのきよひと)は、元正天皇と聖武天皇に仕えた奈良時代の貴族であり、優れた学者でもありました。

歌の意味は

地上一面に早くも既に真っ白く覆って降りしきる雪
この雪の光を見るとなんと神々しいことであるか

地上一面、宮殿も山も見渡す限り雪が降り積もっています。

地上を覆った雪が発する光の神々しさは、わたくしたちも共感できます。

一面に降りそそいだ雪の光に神々しさを感じられること、そうした感性をわたくしたちが持っていることに、尊さのようなものを感じます。

今日の歌が、皆様の心に感じるところがありましたら幸いです!




0

-waka

Copyright© 令葉集 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.