北朝鮮工作船の展示 船の科学館

Pocket

北朝鮮工作船の展示
平成13年(2001年)12月、九州南西海域にて、海上保安庁巡視船は銃撃する北朝鮮の工作船に立ち向かった。

工作船は自爆、沈没。

水深90メートルの海底から引き上げられ、犯罪の証拠として調査された。

2年後の平成15年、お台場にある「船の科学館」で工作船や備品が展示された。

写真はゴムボート。