「military / national defense」 一覧

北朝鮮工作船資料館 日本人は見ておくべき資料館

横浜にある海上保安庁の工作船資料館 正式名称は、海上保安資料館横浜館 平成16年12月に開館 平成13年12月22日に発生した、九州南西海域工作船事件にかかる工作船と回収物などを展示 日本人は一度は見 …

和泉橋たもと 国旗掲揚所

在郷軍人会により昭和8年に建設。 いまはまるで見捨てられた存在だが、現存しているのは嬉しい。 0

Yasukuni Shrine Main Hall 靖國神社 拝殿前 平成30年8月15日

Currently, more than 2,466,000 divinities are enshrined here at Yasukuni Shrine. These are souls of …

靖國神社 戦没者追悼中央国民集会

0

Yasukuni Shrine Great Gate 靖國神社 大鳥居 平成30年8月15日

0

ゆりかもめ車窓 海上保安庁

0

靖國神社 常陸丸殉難碑

0

no image

靖國神社

0

no image

陸上自衛隊 習志野駐屯地

陸上自衛隊 習志野駐屯地 空挺団の訓練施設。 0

no image

陸上自衛隊 第1空挺団本部

習志野駐屯地(船橋市)に団本部がある。 写真は習志野基地夏祭りのときに撮影。夏祭りは、基地が一般に開放される。 — 第1空挺団は空中機動作戦、即ち航空自衛隊の輸送機(C-1・C-130H) …

no image

靖國神社 パール判事顕彰碑

0

大日本帝国陸軍鉄道第二連隊の表門 千葉工業大学で現在も活躍

大日本帝国陸軍鉄道第二連隊の表門です。 現在は、千葉工業大学の通用門として残っています。 明治41年に建設。平成10年(1998)9月、国登録有形文化財に登録。 — この門柱は、鉄道隊が津 …

明治天皇駐蹕之処の碑 習志野地名発祥の地

明治天皇駐蹕之処の碑 「駐蹕(ちゅうひつ)」とは、天皇が行幸の途中で一時乗り物を停めること。また一時、その土地に駐留すること。 千葉県の「習志野地名発祥の地」を示す史跡です。 明治6年(1873年)4 …

国立新美術館前の米軍基地から飛び立つヘリコプター

0

国立新美術館前の米軍基地

国立新美術館の正面、目と鼻の先に米軍ヘリコプター基地がある。 東京23区内では、唯一の米軍基地である。 横田基地との間に頻繁に定期便が飛んでいるとのこと。 国立新美術館で美術展を見終えて外に出てくると …

Copyright© 国益第一 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.